診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

2022年4月|名古屋市名東区の歯医者・歯科 - みやちファミリー歯科

受け口の原因や予防、治し方について

受け口とは 受け口は下顎前突や反対咬合ともいいます。   本来上の前歯が外側にあり、下の前歯が内側にあるのが正しいのですが、遺伝や癖などの様々な原因により、前後関係が反対になってしまう状態のことをいいます。 &…

低出生体重児の原因や気をつけること

低出生体重児とは 出生時の体重が2500グラム未満のお子さんを低出生体重児といいます。 医療の進歩もあり、ここ数年9%を超える割合でみられています。   また、低体重児は免疫力が弱いことが多く、その場合感染症や…

痛みの少ないメンテナンスを実現するために、ブラシ専用のハンドピースを導入しました。

当院は定期的なメンテナンスを重要視しております。 皆様に痛みなく、快適にクリーニングを受けていただくために、新たな機械を導入いたしました。   ブラシ専用のハンドピース ”ユリー”     …

離乳、卒乳の時期や進めた方について

消化器官が未発達な乳児は、母乳やミルクで体に負担をかけないように栄養を摂取する必要があります。 特に母乳は免疫機能を高める効果が高いといわれています。   ですが成長するにつれ、母乳だけでは補えない栄養を摂取す…

PMTCという歯ブラシでは取れない汚れをとるお掃除をおすすめしています。

PMTCとは PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略語で、専門家による、機械的な、歯の、お掃除という意味です。 ゴムのカップやブラシを用いて、歯の表面等の汚れをとるお…

乳歯のむし歯を治療しないで放置していると、永久歯の歯並びに影響がでることがあります

乳歯のむし歯 永久歯より柔らかい乳歯は、むし歯になりやすく、進行も早いです。 着色程度で経過をみていたものが、3か月後には穴があいた状態になっていることもありえます。   すぐ生え変わってしまう場合は経過をみる…

シュガーコントロールをしてむし歯菌の活動を抑えれば、むし歯になりにくいです。

むし歯を予防をするには、日常のブラッシングでで汚れをとることがとても大事ですが、歯の質や、お口の環境も大きく関わっています。   特に砂糖を頻繁に摂取するかどうかで、むし歯のなりやすさが変わってきます。 ”シュ…

乳幼児の仕上げ磨き

乳幼児のお子さんの仕上げ磨きについてです。   乳児期はまだ歯が生えたばかりで柔らかく、むし歯になりやすい時期です。 自分では磨けないので、仕上げ磨きが必須の時期になりますし、歯みがきが嫌なものではないと理解し…

お子さんの指しゃぶりと対処法について

指しゃぶりについて。 3歳くらいまでは、やめるのも難しいですし、吸うことでお口周りの筋肉をつけられるという考え方もあります。 授乳の時期はなるべく”飲ませる”のではなく”吸わせる”を意識することをおすすめします。 お口周…

乳歯(子供の歯)の本数と何歳で生えてくるか

乳歯(子供の歯)についてです。個人差がありますが、生後半年くらいから歯がはえ始め、2歳半あたりではえ揃う場合が多いです。 本数は通常上下左右5本ずつで、20本のことが多いです。     ですが、最近は…

1 2 3