診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

詰め物・被せ物

詰め物・被せ物|名古屋市名東区の歯医者・歯科 - みやちファミリー歯科

詰め物・被せ物

詰め物・被せ物(審美歯科)とは

詰め物・被せ物

審美歯科とは、歯の美しさや口元の美しさに焦点を当てた治療です。
一般的な歯科治療は「むし歯を治す」「歯周病を治す」などの機能性を重視した治療を行います。一方審美歯科治療は「歯を綺麗に美しくする」「歯を白く整える」といった美しさを重視した上で、機能面もこだわった治療をすることが特徴的です。
口元の印象は人に与える印象をガラリと変えコンプレックスを単に解消するだけでなく、健康的でストレスのない日常を送る上では非常に大切になります。少しでもお悩みに当てはまる方は、一度当院にてご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?
  • 銀歯を白くしたい
  • 歯の形や色がコンプレックス
  • すきっ歯が気になる
  • 金属アレルギーが不安
  • 神経を抜いた歯の色が気になる
  • 体に優しい素材の修復物を入れたい
  • 修復物の変色が気になる
  • 黄ばんだ歯を白くしたい

詰め物の種類

詰め物の治療は、お口の中に直接詰める方法(ダイレクトボンディング)と、型取りをして、できてきたものを付ける(インレー修復)の2つに分かれます。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

特徴

ダイレクトボンディングとは、プラスチック樹脂を直接歯の溝に盛り付けていき本来の歯の状態を再現する治療法です。通常の被せ物と比べ歯の削る量を最小限に抑えることが出来ます。

メリット

  • 審美治療の中でも比較的安価
  • 治療回数が少なく済む
  • 削る量が他の詰め物に比べて少ない

デメリット

  • 強度に劣るので、広範囲のむし歯の場合は適応できない場合がある
  • 経年により変色することがある

インレー修復

金銀パラジウム合金

金銀パラジウム合金

特徴

一般的な保険適用の銀歯です。銀やパラジウムを使った銀合金素材です。銀色のためお口のなかで目立ち、金属の性質上、自由診療の素材と比較すると汚れが付きやすく、むし歯再発のリスクが高まります。また金属アレルギーのリスクがあります。

メリット

  • 金属のため強度がある
  • 保険適用で治療を受けられ安価

デメリット

  • 審美的に劣る
オールセラミック

オールセラミック

特徴

セラミック素材(※ 陶器と同種類の素材)のため自然歯に似た透明感のある白さを出すことができます。また、金属を含んでいないため、金属アレルギーの心配がない素材です。

メリット

  • 天然歯のように美しく透明感のある白さがある
  • 天然歯と似た摩耗性のため噛み合う歯を傷つけにくい
  • 汚れがつきにくく変色がない

デメリット

  • 強い衝撃で割れることがある

被せ物の種類

金銀パラジウム合金

金銀パラジウム合金

特徴

一般的な保険適用の銀歯です。銀やパラジウムを使った銀合金素材です。銀色のためお口のなかで目立ち、金属の性質上、自由診療の素材と比較すると汚れが付きやすく、むし歯再発のリスクが高まります。また金属アレルギーのリスクがあります。

メリット

  • 金属のため強度がある
  • 保険適用で治療を受けられ安価

デメリット

  • 審美的に劣る
硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠

特徴

硬質レジン前装冠は、中身は金属で外側にレジン(プラスチック)が貼り付けられた素材です。保険診療で前歯の被せ物を作成する場合、多くは硬質レジン前装冠です。保険適用のため安価で経済的に優しいですが、時間の経過とともに変色する可能性があります。

メリット

  • 透明感はないが色が白い
  • 中身が金属なので強度がある
  • 前歯から犬歯であれば保険適用のため安価

デメリット

  • 経年により変色する可能性がある
  • 裏から見ると金属が目立つ
  • 硬いので周りの歯に負担がかかる
ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミック

特徴

ハイブリットセラミックは、レジン(プラスチック)の中にセラミックを混ぜ合わせた素材です。白い美しさがあり目立ちません。また、金属を一切含んでいないため金属アレルギーの心配がない素材です。しかし、オールセラミックよりかは柔らかいため耐久力が低く、レジン(プラスチック)が混ざった素材のため時間の経過により変色が起こる可能性があります。オールセラミックに比べ、レジン(プラスチック)を含んでいるため比較的安価です。

メリット

  • 程よい硬さのため、周りの歯を傷つけにくい
  • オールセラミックより劣るが天然歯に近い透明感がる
  • お口の状態や、部位によっては保険でできるので安価

デメリット

  • 経年により変色が起こる可能性がある
  • かむ力が強い方は壊れることがある
オールセラミック

オールセラミック

特徴

セラミック素材(※ 陶器と同種類の素材)のため自然歯に似た透明感のある白さを出すことができます。また、金属を含んでいないため、金属アレルギーの心配がない素材です。

メリット

  • 天然歯のように美しく透明感のある白さがある
  • 天然歯と似た摩耗性のため噛み合う歯を傷つけにくい
  • 汚れがつきにくく変色がない

デメリット

  • 強い衝撃で割れることがある
ゴールド

ゴールド

特徴

金合金で作られたクラウンです。貴金属のため耐久性がとても高く、壊れる可能性の低い素材です。また天然歯と硬さが似ており、周りの歯を傷付けないことも特徴的です。しかし銀歯と同じく金属アレルギーのリスクもありますし、お口の中で目立ちます。

メリット

  • 強度がある
  • 金属の中ではむし歯になりにくい

デメリット

  • 審美的に劣る
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
メタルボンド

メタルボンド

特徴

金属の冠にセラミックを焼き付けて作られた素材です。表面にセラミックを使用しているため自然歯に似た透明感のある白さがあります。しかし、金属の冠に焼き付けているため、透明性が少なく審美性に劣ります。

メリット

  • セラミックより強度がある
  • 変色が起こりにくい
  • 汚れがつきにくい

デメリット

  • セラミックに比べ透明度に欠ける
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

特徴

ジルコニア素材の表面にセラミックを焼き付けた素材です。ジルコニア素材はとても強度が強い、白い素材です。表面はセラミックを使用しているため自然歯に似た透明感のある白さがあります。中身はジルコニアのため、強度も高く奥歯のブリッジなどにも使用できます。また金属アレルギーの心配がない素材です。

メリット

  • 強度がある
  • 変色が少なく、歯茎の変色を起こさない
  • 汚れがつきにくい

デメリット

  • 歯を削る量が多くなってしまう
  • 強度はあるが、セラミック部分が強い衝撃で割れてしまうことがある

よくある質問

前歯の大きさや形を整えることは出来ますか?
できます。ただし他の歯とのバランスがありますので、きれいにするためには隣の歯等もさわる必要がある場合があります。
すきっ歯は審美治療と矯正治療のどちらで治療をしたほうが良いですか?
症例によります。歯を削らなくて済む矯正治療のほうがいいことが多いですが、期間と費用がかかります。歯周病が重度の場合は、どちらも難しい場合があります。
治療中の痛みはありますか?
神経の生きている歯は麻酔をして削るので、治療中は痛みが出ないよう心がけております。ただし歯の傾きが大きい場合等は、削る量が増えますので、術後に痛みが出てしまうこともあります。その場合は神経を取る治療が必要になります。
銀歯からセラミックにする場合、歯を今よりも削りますか?
元の状態にもよりますが、今よりある程度削る必要がある場合が多いです。