診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

歯周病・レーザー治療

歯周病・レーザー治療|名古屋市名東区の歯医者・歯科 - みやちファミリー歯科

歯周病・レーザー治療

歯周病とは

歯周病

歯周病とは、歯の周りの歯肉・歯根膜・歯槽骨に炎症が起こっている病気の総称です。
歯肉に炎症が留まっている状態を「歯肉炎」といい、歯根膜や歯槽骨にまで炎症が広がった状態を「歯周炎」と言います。歯周炎は歯槽膿漏とも呼ばれています。

歯周病は、痛みが無く静かに進行していくため、初めのうちは自覚症状がありません。そのため、気付いたときにはかなり症状が進行してしまっているケースも珍しくありません。さらにそのまま放置すると、歯を支える顎の骨が溶け、歯が抜け落ちることもあります。
また、日本人が歯を失う原因の第一位でもあり、歯周病が糖尿病等の生活習慣病と関連していることも最近では明らかになっています。早期発見、早期治療が必要です。

こんな症状ありませんか?

こんな症状ありませんか?
  • 歯磨きをしていると出血する
  • 歯茎が下がってきた
  • 口臭が気になる
  • 起床時、口の中がネバネバする
  • 硬いものが噛みにくい
  • 歯と歯の間に隙間ができてきた
  • 前歯が出っ歯になってきた
  • 歯茎から膿が出る
  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎が痛い、むずかゆい
  • 歯がグラグラする

歯周病の原因

歯周病の原因は、直接的原因と間接的原因の2つの原因があります。
直接的な原因は、歯垢(プラーク)です。歯垢は細菌の塊で、歯と歯茎の隙間に潜んでおり、この歯垢の細菌が出す毒素により歯茎に炎症が起きます。
間接的な原因は生活習慣と口腔内環境のトラブルです。

生活習慣

生活習慣

喫煙、ストレス、食生活の乱れ等も歯周病の原因にもなります。

口腔内のトラブル

口腔内のトラブル

  • 歯石が付着している
  • 歯並びが悪く磨き残しがある
  • 修復物が歯に合っておらず、歯垢が付きやすい状態である
  • 口呼吸や歯ぎしり等、口腔内がよくない環境になっている

そのまま放置すると歯周病等を引き起こす恐れがあります。

歯周病の進行と症状

歯周病は口腔内の細菌による感染症です。
歯周病の進行度には一般的に5段階の流れがあり「健康な歯茎の状態」→「歯肉炎」→「軽度歯周炎」→「中度歯周炎」→「重度歯周炎」の流れになります。

健康な歯茎の状態

STEP1健康な歯茎の状態

健康な歯茎とは、歯茎全体がピンク色で、引き締まっている状態です。歯と歯茎の隙間がほとんどなく、ブラッシング時の出血もありません。歯を支える骨がしっかりしているため、歯はほとんど動きません。

歯肉炎

STEP2歯肉炎

お口の中の清掃が不十分だと、歯垢が溜まり炎症が起き、歯茎が赤くなります。この歯茎のみに炎症が起こることを歯肉炎といい、歯周炎になる前の状態です。歯肉炎の段階では、まだほとんど痛みはないですが、ブラッシング時出血などの症状があります。まだ治療とメンテナンス次第で元通りの健康な歯茎に戻れる可能性があるため、早めの受診をおすすめします。

軽度歯周炎

STEP3軽度歯周炎

歯肉炎から症状が進行し、歯茎がさらに炎症を起こした状態です。もともと歯周ポケットの深さは2mm程度が正常ですが、軽度歯周炎では3~4mm程度まで広がり、歯や歯茎を支える骨が徐々に破壊されていきます。軽度歯周炎の段階では、歯茎の腫れやブラッシング時の出血、冷たいものがしみるなどの症状が現れます。そのまま放置すると症状は中度歯周炎へと進行します。

中度歯周炎

STEP4中度歯周炎

軽度歯周炎から症状が進行し、歯茎の炎症がさらに強く広がります。歯周ポケットの深さは4~6mmまで広がり、歯周ポケット内には歯垢や歯石が大量に付着します。歯を支える骨も溶け始め、歯が浮いた感じがしたり、ぐらつく等の症状が起こります。歯茎の出血や腫れはひどくなり、膿や臭いが出るほどに状態が悪化し、歯茎が痩せて下がる等の症状が現れてきます。

重度歯周炎

STEP5重度歯周炎

歯茎はさらに下がり、歯と歯の隙間も目に見えるほど目立ちます。この段階まで症状が進むと、歯を支える骨は完全に溶け、出血や膿、口臭も強くなります。頻繁に腫れるのを繰り返し、歯がぐらぐらとなり、抜け落ちることもあります。歯周病末期状態です。

歯周病の治療方法

ブラッシング指導

ブラッシング指導

日常のブラッシングをより効果的に行うため、正しいブラッシング方法を身に付けてもらいます。また、患者さん全員が異なるお口の環境なので、それぞれに適した清掃器具や薬剤等処方していきます。

歯石除去

歯石除去

歯周病の原因となる、歯石を除去する治療です。スケーリングと呼ばれ、専用の器具を使用して歯石を取り除きます。歯茎の深くまで歯石が付着してしまった場合は、麻酔を併用して、歯石及び感染組織を清掃する場合もあります。

当院のレーザー治療

レーザーによる歯周病治療

レーザーによる歯周病治療

レーザー治療は、歯と歯茎の境目の溝に存在する細菌や歯石を、レーザーの熱や光線によって取り除く治療です。
レーザー治療は歯周病だけでなく、根管治療や外科的治療といった様々な症例に対応できる治療法です。治療にあたって患者さんの負担が少ないことが特徴的です。

レーザー治療の特徴

  • 痛みの少ない治療
  • 殺菌効果が高いため治りが早い
  • 通常のフッ素塗布より、レーザーを併用することで歯質を強くすることができる
  • 出血を抑えることができる
  • 術後の回復が早い

レーザー治療適用症例

  • 急性期の消炎処置(歯周病や顎関節症まで、幅広く対応できます)
  • 難治性の根管治療
  • 歯周治療
  • レーザーを併用したシーラント
  • レーザーを併用したフッ素塗布による歯質強化
  • 歯肉の黒ずみ除去
  • 短時間でのレーザーを併用したホワイトニング
  • 小帯切除等の外科処置
  • 口内炎の疼痛緩和

よくある質問

歯周病が他の病気を引き起こすことがあるのでしょうか?
重度の歯周病によって歯がぐらぐらになり、かみにくくなります。他の歯への負担も増え、結果的に多くの歯を失うことになります。かみにくくなると、顎が痛くなったり、肩こりがひどくなる等の症状がでることもあります。
また、歯周病の原因菌が認知症に関係しているとの報告もあるので、口腔ケアが重要です。
歯周病治療はどの治療が保険適用されますか?
歯石除去は保険診療で行うことができます。
歯周病は遺伝でなったりしますか?
遺伝も骨の密度等、ある程度関係があります。親から子どもに、歯周病菌をうつさないように気を付けることも大事になってきます。

レーザー治療のよくある質問

レーザー治療のリスク、副作用はありますか?
レーザーは熱を発生するので、歯茎等に一時的な違和感がでることもあります。
レーザー治療後に注意すべきことはありますか?
治療後は特に注意事項はありませんが、違和感等が強い場合はご連絡いただきます。
レーザー治療は子どもでも受けることはできますか?
子どもの歯質強化がレーザーの大きなメリットの一つです。
レーザー治療は保険適用されますか?
保険診療でできる治療もありますが、多くは自由診療となります。