診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

癒合歯 欠損 歯並び フッ素 シーラント 名古屋市名東区の歯医者・歯科 本郷 藤が丘  みやちファミリー歯科

2つの歯がくっついてはえてくる癒合歯について、原因や治療法

癒合歯とは

2つ以上の歯が癒合したものを癒合歯といいます。

基本的には乳歯で認められることが多く、

特にみられるのが下の乳中切歯(A)と乳側切歯(B)か、下の乳側切歯(B)と乳犬歯(C)がくっついている場合です。

次に多いのが、上の乳中切歯(A)と乳側切歯(B)です。

永久歯や奥歯でも、まれに癒合歯になることがあります。

 

乳歯に起こる癒合歯の場合は、後ではえるはずの永久歯が足りないケースも多くみられます。

 

 

癒合歯が起こる原因

歯のもとになる”歯胚”というものがお母さんのおなかの中にいるときにくっついてしまうという説が一般的ですが、

はっきりとした原因はわかっていないのが現状です。

 

 

くっつき方による分類

1.癒合歯

2つの歯胚が象牙質という中の部分でくっついているものをいいます。

2.癒着歯

2つの歯胚が歯の根っこのセメント質という部分でくっついているものをいいます。

3.双生歯

もともとは1つだった歯胚が、2つに分かれたものをいいます。

 

癒合歯が歯並びに与える影響

1.乳歯が癒合歯の場合、後にはえてくるはずの永久歯がない場合

乳歯が癒合歯の場合、後にはえるはずの永久歯がないことが多いです。

その場合、永久歯の歯並びが”すきっ歯”になってしまい、左右のバランスも合わなくなってしまいます。

 

2.乳歯が癒合歯で永久歯がある場合

永久歯がある場合でも、くっついていたことで、奥の歯が手前の隙間を埋めてしまうことも多く、永久歯がはえるための隙間がなくなってしまい、歯並びに影響がでることもあります。

 

癒合歯への対応、治療

癒合歯自体は切断したり等、何かをする必要はないです。

ですがくっついた部分はくびれているので汚れが付着しやすく、むし歯になるリスクは高いといえます。

 

溝が深い場合はシーラントという溝を埋める予防処置をする場合もあります。

定期的にフッ素を塗布することも歯質強化につながりますので効果的です。

 

また永久歯が足りない場合ことも多く、矯正治療も視野に入れないといけないこともあります。

ある程度の年齢になりましたら、レントゲンを撮影して、確認することをおすすめします。

 

 

当院ではフッ素塗布やシーラントはもちろん、お子さんの歯並びの治療も行っております。

癒合歯などが気になる方は、早めの受診をおすすめします。

 

 

 

本郷駅、藤が丘駅から徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医