診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

親知らず 生えかけ 痛い 名古屋市名東区の歯医者・歯科 本郷 藤が丘  みやちファミリー歯科

生えかけの永久歯、親知らずのケアの方法

親知らずも永久歯も、生えかけの状態ですと、歯ぐきの下に汚れが入り込み、歯ぐきが腫れて痛みが出やすいです。

腫れてしまうと反対側の歯(上の歯ぐきが腫れている場合、下の歯)で歯ぐきをかんでしまいやすくなりますので、余計痛みが引かなくなってしまいます。

通常歯が完全に生えてしまえば、自然と歯を覆っている歯ぐきはなくなり、磨きやすくなるため痛みはなくなっていきます。

 

ですが、歯並びの関係で生えるスペースが足りなかったりすると、そのままの場合もあります。

 

対処法

1.麻酔下にて歯ぐきの部分を取ることもあります。

2.適切なブラッシングをすることで腫れるのを防ぎます。

3.歯科医院にて洗浄及び、レーザー等で消炎処置を行います。

 

1の場合は、歯並びでこれ以上生えない場合や、頻繁に腫れるときに行うことが多いです。

軽度の症状の場合は2のようにすることで、治ることが多いです。

腫れがひどくて痛みが強い場合は3になります。

ですがたとえ1、3を行う場合でも、汚れが多いと治りが悪くなりますので、適切なブラッシングは必須となります。

 

具体的な方法としては、まず歯ぐきの下にブラシが入り込めるよう、毛の少ないブラシを選択することです。

写真は”タフトブラシ”と呼ばれるもので、通常の歯ブラシより毛が少なく、ヘッドが小さいので奥に入りやすいのでおすすめです。

歯ぐきが炎症があるときは積極的に歯ぐきをマッサージするように磨いてもらうと、血流もよくなり、歯ぐきが治りが早くなります。

ですが、炎症のある歯ぐきはさわると痛いので、柔らかめのブラシでこするように磨くといいと思います。

 

ブラッシングだけでなく、洗口剤を併用することで殺菌作用が期待できます。

1日2~3回を目安に、使用するといいと思います。

 

親知らずは抜歯したほうがいい場合もありますし、永久歯は歯並びに影響が出ている場合もあります。

気になるときは、早めの来院をおすすめします。

 

 

 

 

本郷駅、藤が丘駅から徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医