診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

永久歯にはえかわる時期 小児歯科 フッ素 名古屋市名東区の歯医者 本郷 藤が丘 歯科 みやちファミリー歯科

永久歯にはえかわる時期

永久歯(大人の歯)がいつはえてくるのか、質問をいただくことがあります。

個人差はありますが、6歳前後で乳歯のさらに奥に、いわゆる6歳臼歯が出てきたり、下の前歯がでてくることが一般的です。

 

 

はえかわりの時期に気を付けること

1.歯並び

この時期は歯並びを大きく左右するタイミングとなります。

歯並びは顎のスペースに対する、歯の大きさで決まる部分が大きいです。最近のお子さんは顎がスリムな方が多いので、歯が並ぶスペースが足りないケースがよくみられます。

乳歯が抜けてないのに、下の前歯の裏から永久歯がはえてくるお子さんは、スペースが不足していることが多いので、そのままにしておくと、永久歯の歯並びに影響がでる場合が多いので、一度歯科医院にみせていただいたほうがいいです。

また、指しゃぶりや爪をかむ、頬杖をつく等の癖があると、歯並びに大きく影響してしまいますので、気を付けていただきたいです。

当院では小児歯科に力をいれており、歯並びについても積極的にお話しています。

 

2.むし歯

はえかわりの時期は、歯が柔らかく、むし歯にもなりやすいので、積極的にフッ素塗布をすると、むし歯になるリスクを抑えられます。

 

大人の方にはあまりフッ素塗布をしないですが、お子さんにはフッ素をします。大人の方に塗布しても効果がないわけではないのですが、出てきたばかりの歯のほうがフッ素を取り込みやすいので、効果が高いのでお子さんにしています。

フッ素を塗布するタイミングとしても、はえかわりの時期は最適です。

 

 

そろそろ仕上げ磨きだけでなく、お子さん自身での歯磨きも必要な時期にもなります。

歯磨きのやり方の指導もしてあげると効果が高いですので、定期的な受診をおすすめします。

 

本郷駅、藤が丘駅より徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医