診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

歯間ブラシ フロス 名古屋市名東区の歯医者・歯科 本郷 藤が丘  みやちファミリー歯科 

歯間ブラシとフロスの使い分け

むし歯や歯周病からご自身のお口を守るには、定期的なメンテナンスは必須ですが、お家での歯磨きもとても大事になります。

歯ブラシは歯の表面や付け根をきれいにするのは得意なツールですが、歯と歯の間をきれいにするのは得意ではありません。

フロスや歯間ブラシを併用していただくことで、より清潔なお口の中を維持することができます。

 

・フロス

フロスは指に糸を巻き付けて使ってもらうタイプや、持ち手のついたホルダータイプがあります。

お手軽なのはホルダータイプですが、詰め物、かぶせ物がお口に入っている方ですと、引っかかってしまう場合があります。

 

隙間の大きいお子さんの仕上げ磨きには適したものになっています。

 

指に巻き付けるタイプですと、フロスを上に引き上げなくても横から抜き取れるので、引っかかりにくいですが、お口に指を入れないといけないので、ホルダータイプに比べるとコツが必要になります。

 

歯と歯の接触点を磨くのが得意なものなので、歯の隙間がむし歯になりやすい方、治療した部位の多い方に適しております。

また、隙間のない歯並びの方におすすめです。

 

 

 

 

 

・歯間ブラシ

歯間ブラシは毛がナイロンのものやゴムのもの、持ち手がまっすぐのもの、曲がっているものと種類があります。

当院では歯ぐきや歯に負担がかかりにくいナイロンのものをおすすめしておりますが、うまく入らないときに曲がっても無理がきくのはゴムだと思います。

奥歯を磨くなら持ち手は曲がっているもののほうがやり易いように感じますが、好みもありますので、気になる方はお問い合わせください。

歯間ブラシは歯の付け根の隙間を磨くのに適しております。歯ぐきをマッサージするように通すことで、歯茎の血流がよくなり歯周病を防ぎます。

歯周病が気になる方は使用をおすすめします。

 

気を付けないといけないのが歯間ブラシの太さで、適正なサイズを使用しないと、効率よく汚れを落とすことが難しくなってしまいます。

歯間部に挿入するときに、少し抵抗があるくらいが適正サイズになります。

 

 

当院では衛生士さんが患者さんごとに必要なものや適したサイズをお伝えしています。

また、なるべく歯を残す治療を心がけております。皆さんのお口の健康を守るために色々な情報をお伝えしていきたいと思います。

 

本郷駅、藤が丘駅から徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医