診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

歯みがき 痛い 名古屋市名東区の歯医者・歯科 本郷 藤が丘  みやちファミリー歯科

歯みがきしていて、歯ブラシが当たって痛みを感じるとき

歯みがきをしているときに、歯ブラシが当たると痛い症状でお困りの方へのお話です。

痛みの種類は

1、歯ブラシで歯の付け根をこすると、しみるような痛みが走る場合

2、歯ブラシだけでなく、舌等でさわっても、ひびくような痛みを感じる場合

の二通りに分かれます。

 

1の場合、

硬い歯ブラシで力を入れて磨きすぎてしまったり、

食いしばり等で歯に負担がかかり、付け根が飛んで行ってなくなってしまうことで、

歯の付け根が露出してえぐれてしまうことが原因になります。

歯の頭の白い部分の下にある、歯の根の部分は、顕微鏡等で拡大してみると管のようになっています。

歯ぐきが下がって根の部分が露出するだけでも、管から神経に刺激が伝わり、知覚過敏のしみるような症状がでます。

えぐれてしまうとさらに症状がひどくなり、歯ブラシ等でこすったときにも痛みを感じるようになってしまいます。

 

軽度の症状でしたら、しみ止めの入った歯みがき粉を試すと症状が軽減する場合もあります。

症状が強い場合は、えぐれてしまった部分をむし歯を治す樹脂で埋める場合もあります。

付け根がむし歯になっていても同じような症状がでることもありますので、早めの受診をおすすめします。

 

2の場合、

歯の周りが炎症を起こしている可能性が高いです。

ストレスでかみしめていたり、くいしばり等があると、歯の周りが炎症を起こすことがあります。

このような場合は、なるべくかまないようにして負担を減らしてあげれば、症状が治まることもあります。

場合によってはマウスピース治療をお話することもあります。

 

他には神経の治療をした後の歯ですと、根の部分に膿みがたまり、歯の周りが炎症を起こすことがあります。

歯にヒビが入ってしまっている場合も、そこから感染を起こし、同じような症状がでることがあります。

こういった場合は、感染を起こして炎症がおきていますので、歯科医院で処置しないと症状は改善しないと思います。

早めにレントゲンをとって、確認することをおすすめします。

 

症状が強くなってから対応すると、麻酔が効きにくく大変だとおもいますし、違和感がでてきましたら早めにご連絡ください。

 

 

 

 

本郷駅、藤が丘駅から徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医