診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

歯の亀裂 マイクロクラック 歯ぎしり 名古屋市名東区の歯医者・歯科 本郷 藤が丘  みやちファミリー歯科

歯にヒビ、亀裂が入っている場合はむし歯になる可能性があります

歯にヒビ、亀裂が入っているのをみたことがありますでしょうか。

亀裂には、普段肉眼で見つけることが困難なマイクロクラックという微細な亀裂や、みた目ですぐわかる大きな亀裂まで、様々なものがあります。

 

軽度な場合は特に症状がでませんが、ある程度進行してしまうと、しみるなどの症状がでてきてしまいます。

またヒビから細菌が入り込むことで、むし歯になるともいわれています。

 

 

 

ヒビができる原因

1.食いしばりや歯ぎしりといった過度な咬合力

ストレスで無意識にかんでしまう方が多くみられます。

人間のかむ力は体重に近いといわれています。継続して咬合力がかかると、歯がたわみ、ヒビが入ってしまいます。

 

2.歯科治療を行ったことによる歯質への負担

表面のエナメル質は硬いですが、衝撃に弱いです。

歯を削る振動でヒビが入ったり、充填する樹脂が収縮するで起こるとも考えられています。

また、金属のつめものが入っている場合、金属は歯より硬いので、薄くなった部分に負荷がかかり、亀裂ができてしまうことも考えられます。

 

3.歯の神経を取った歯

神経を取ると、歯に栄養を送っている血管も一緒に取れてしまいます。

ですので、神経を取った歯は割れたり、ヒビが入りやすくなります。

 

神経を取った後に土台を立てるのですが、それが金属の場合(メタルコア)、かむ力の負担で割れてしまうこともあります。

 

4.歯並びやかみ合わせで、負担がかかる位置に歯がある場合

凸凹した歯並びで、一か所にかむ力の負担が集中すると、歯に負担がかかりヒビが入りやすくなります。

 

5.ぶつけてしまったりすることによる外傷

転んだりすると、前歯をぶつけてしまうことがあります。

強くぶつけると、衝撃で歯にヒビが入ってしまうことがあります。

 

 

 

治療及び予防

1.マウスピースを入れることで、くいしばり等の力から歯を守る

夜寝ている間に歯ぎしりやくいしばりをしている場合、マウスピースを入れることで、歯にかかる負担を軽減することができます。

 

2.亀裂の部分を削り、修復処置を行う

亀裂の進行が少ない場合、亀裂の部分を削り、その部分を埋めて経過をみる場合もあります。

 

3.神経の処置を行った後、かぶせる

亀裂が神経まで進行してしまった場合、亀裂が根まで到達していなければ、神経の処置をした後にかぶせることができる場合があります。

 

4.破折の程度によっては、歯科専用の接着剤で固定

大きく割れていたり、かむ力の負担がかかる場所では難しいですが、破折が軽度な場合は接着を試みる場合もあります。

 

5.抜歯

破折が大きくて保存困難な場合は、抜歯しないといけないこともあります。

 

6.経過観察

マイクロクラックなどの微細なもので、症状がない場合は、経過を見守ることもあります。

 

 

ヒビや亀裂が入ると、基本的には予後がよくないです。

亀裂が大きくなれば予後もどんどん悪くなりますので、しみる等の症状が小さいときに歯科医院を受診することをおすすめします。

 

 

本郷駅、藤が丘駅から徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医