診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

歯 かけた 治療法  名古屋市名東区の歯医者・歯科 本郷 藤が丘  みやちファミリー歯科

歯が欠けてしまったときにするべきことや、治療法

お食事中に歯が欠けてしまったり、フロスを通していたら硬いかけらがでてきたりした経験をされた方はみえますでしょうか。

 

神経が生きている歯が大きく欠けるとしみたり、痛みがでることがありますが、神経を取る治療がしてある歯に関しては、欠けても痛くないこともあります。

 

痛みがなくても放っておくと、さらに大きく歯が割れてしまい、抜歯しなくてはいけなくなってしまう可能性がありますし、

まれにご自身で瞬間接着剤でくっつける方もみえますが、歯ぐきや隣の歯に付着してしまい、お口の中が荒れてしまうことも考えられるので危険です。

欠けてしまった場合はなるべく早く歯科医院に受診し、処置をしてもらうようにしましょう。

歯科医院に受診するまでの応急処置についてもお話していきます。

 

 

歯が欠けてとがって痛い場合

 

この症状はむし歯、歯ぎしり、酸蝕症など様々な場合に起こり得ます。

 

金属の詰め物が入っている部分の歯が欠けてしまうと、金属の鋭利な部分がむき出しになってしまいます。

 

他にも、神経の処置がしてある歯はむし歯が進行しても痛みが出ないため、知らず知らずのうちにむし歯が進行してしまっていることもあります。

結果歯がむし歯の部分で歯が折れてしまい、鋭縁ができてしまうことも考えられます。

 

歯が欠けてとがった部位ができてしまうと、頬や舌を傷つけ、痛みがでることがあります。

 

 

 

 

応急処置、対処法

 

1.早めに歯科医院に受診し、鋭縁部を丸めてもらう(もしくは治療してもらう)

鋭縁を放っておいてしまうと、お口の軟組織に傷がつき、ひどいと傷口にばい菌が入り、化膿してしまうことも考えられます。

根本的な治療をしないと症状の改善は見込めないため、早めに歯科医院に受診し、治療することをおすすめします。

 

2.触らない、かまない、安静にする

気になって舌などでさわってしまうと前述のように傷がつく恐れがあります。

また、欠けた場所でかんでしまうと、さらに大きく欠けてしまったり、割れてしまう恐れがありますので、かまないようにも気を付けてください。

歯科医院にすぐ来院できない場合は、なるべくその歯は使わないように安静にすることで、症状が悪化することを防ぐ必要があります。

 

あまりおすすめしませんが、ものすごく痛みがある場合はとがった部分と舌や頬の間にガーゼを挟み込み、直接歯と組織が当たらないようにする方法もあります。

ガーゼを誤飲する恐れがありますので、行う場合は注意が必要です。

 

3.鎮痛剤の服用

組織が傷ついたり感染を起こすと、痛みが強く出る場合もあります。

すぐ歯科医院に来院できない場合は、鎮痛剤を使用して痛みを軽減させることも選択枝に入ります。

 

 

歯が欠けて、しみる痛みがある場合

神経が生きている歯がかけると、しみることが起こり得ます。

放っておくと、神経がだめになってしまい、しみなくなった代わりに腫れてしまう恐れもあります。

むし歯でしみている可能性もあるため、早めに歯科医院に受診することをおすすめします。

 

 

歯は欠けたけど、痛みはない場合

歯が欠けていても、痛くない場合もあります。

この場合、2つのパターンが考えられます。

 

1.欠けた部分が小さく神経までの距離があり、神経は生きているが症状が出ていない場合

2.以前に神経の処置がしてあり(もしくは大きなむし歯等で神経が失活している場合もあり)、しみるなどの症状が出ない場合

いずれの場合も早期の治療が必要になります。

 

 

歯が欠けた場合の治療法

1.小さく欠けた場合

コンポジットレジン充填という、樹脂の詰め物を歯につめる処置で治療を行うことが多いです。(保険診療で行うことができます)

 

歯の隙間のような負担のかかる部位の場合は、インレーという詰め物を型取りをして作り、歯科用の接着剤で付けるといった治療法の場合もあります。(保険診療でできるものと、自由診療でできる強度のある白いものがあります)

 

 

2.大きく欠けた場合

上記のインレー修復が可能な場合はインレー修復を行います。

あまりにも大きく欠けてしまった場合は、インレー修復では歯質が割れてしまう恐れがあるため、かぶせ物をつくり、覆っていきます。(保険診療でできる銀歯や、自由診療でできる白くて強度のあるものもあります)

 

3.欠けた部分が神経まで到達してしまっている場合

歯を保存できそうな場合は、神経の処置を行った後、破折を防ぐため、上記のように覆いかぶせます。

 

 

4.欠けた部分が大きく、保存が困難な場合

抜歯をしないといけなくなる場合があります。

抜歯後の治療についてはこちらをご覧ください

https://miyachi-family-dc.jp/blog/%e6%ad%af%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e9%83%a8%e4%bd%8d%e3%81%ae%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%81%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%b8%e3%80%81%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9/

 

 

歯が欠けたといっても様々な原因が考えられます。

まずは早めに歯科医院に受診することをおすすめしております。

予約がすぐに取れない場合等は、上記の応急処置をしたうえで安静にしていただき、なるべく早い受診を心がけていただきたいです。

お困りごとがあります場合は、お待ちいただく可能性はありますが、お電話をいただければ対応させていただきますので、ご連絡ください。

 

 

 

本郷駅、藤が丘駅から徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医