診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

受け口 治療 矯正 いつ 名古屋市名東区の歯医者・歯科 本郷 藤が丘  みやちファミリー歯科

受け口の原因や予防、治し方について

受け口とは

受け口は下顎前突や反対咬合ともいいます。

 

本来上の前歯が外側にあり、下の前歯が内側にあるのが正しいのですが、遺伝や癖などの様々な原因により、前後関係が反対になってしまう状態のことをいいます。

 

 

かみ合わせに影響が大きく咀嚼がうまく行えないことや、あごがスムーズに動けないことで顎関節症を併発することがあります。

 

前歯の並びが前後逆なことで、サ行などの発音に影響がでることも多いです。

 

また、審美的にも改善することが望ましいです。

 

 

 

受け口の種類および原因

1.機能性反対咬合

癖があったり、前歯の歯並びがうまくかみ合えないことが原因で起こる受け口のことをいいます。

 

舌が正しい位置にある場合は上あごに軽く触れる位置にあります。

鼻が悪くて口呼吸の方などは、舌が下に行くことで、空気の通り道を確保いしています。

 

舌が下にあると、下の歯を押してしまうので、下だけ歯並びが外に広がってしまいます。

結果上下の歯並びが逆になってしまうことがあります。

 

他にも指しゃぶりなどの癖で前歯の位置がズレると、かんだ時に前歯が邪魔をしてしまい、奥歯がしっかりかめないことがあります。

かむために無理やり下あごを前に出すことで、受け口になってしまうこともあります。

 

機能性反対咬合の時期が長いと、前歯でうまくかめない場合が多く、上の前歯に刺激がいかないことで上あごの成長がうまくいかないこともあります。

その場合、骨格的な受け口がひどくなる可能性もありえます。

 

 

2.骨格性反対咬合

ご親族の方に、受け口の方が見える場合、高確率で起こります。

あごの形などは遺伝的要素で決まる部分も多く、歯を治したとしても成長期に下あごが大きく成長してしまうことで起こりえます。

 

 

3.歯性反対咬合

骨格的には問題がなく、歯並びが原因で起こる受け口です。

 

例えば、上の前歯が生えるスペースがなくて凸凹の場合、内側に入り込んでしまう歯がでてくることがあります。

下の歯は正しい位置にあっても、上の歯が中に入り込んだり、内側に倒れることで起こります。

 

 

 

受け口の予防、治し方

1.機能性反対咬合の場合

様々な癖が原因で起こる場合は、まず癖をなくすことが大切です。

 

舌が下にあることが原因の場合は、トレーニングをして舌の位置の改善を試みます。

 

それでも改善が見られない場合は、舌が強制的に上に挙上するような矯正装置(マウスピースタイプのものを含む)を入れて経過を見る場合もあります。

軽度の場合はそれで改善しますが、治らない場合は本格的な矯正治療となります。

 

鼻が原因で口呼吸の方は、症状が強い場合はまず耳鼻科さんで鼻の治療をしてもらう必要がある場合があります。

 

前歯の歯並びが原因の場合は、ケースによりますが、スペースが必要な場合は隙間をつくる装置を入れて、前歯の位置を改善します。

 

 

2.骨格性反対咬合の場合

骨格性反対咬合で大きく下あごが出てしまった場合、成人になってからあごの骨を手術して切り、後ろに下げることがあります。

事前に矯正治療である程度歯並びを整えておき、その後に手術を行い顎の位置とかみ合わせを調整するといった順番での治療になります。

 

この治療は特例として保険診療で矯正治療を行うことができる場合もありますので、事前に手術を行う先生と、矯正を行う先生への確認することをおすすめします。

 

 

3.歯性反対咬合の場合

矯正装置を使い、前歯の並びを改善します。

前歯以外も治さないといけない場合も多く、その場合は一般的な矯正治療に準拠します。

 

 

遺伝の要因が強い場合は、あらかじめ1や3の治療を行い治ったとしても、成長期にあごが出てしまい受け口に戻ってしまうことがあります。

その場合は結局2の治療が必要になることがありますので、注意が必要です。

 

 

治療するタイミング

いつから治療を開始するかは、症状によって大きく異なりますが、機能性反対咬合や歯性反対咬合の場合、成長期までには改善しておかないと骨格性反対咬合を助長しやすいとはいわれています。

 

癖や舌の位置も問題の場合は、なるべく早くに改善を目指していきます。

ですが、あまりに小さいうちだと呼吸器の発達が不足しており、矯正装置を入れると苦しいことがあります。

また、型取りが困難な場合もありますので、個人のペースに合わせて進めていくことになります。

 

骨格性反対咬合で手術をする場合は、18歳以上になってから手術をすることが多いです。

それまでに受け口を治したほうがひどくはなりにくいですが、あらかじめ受け口を治したとしても、成長期にまた受け口に戻ってしまう可能性もあります。

費用や治療期間を考えて、どのタイミングで治すかを相談させていただくのがいいかと思います。

 

 

 

 

当院では小児歯科として、歯並びに大きな影響が出そうな場合は、早めにお話をさせていただいております。

矯正の専門の先生に来ていただき、連携しながら治療にあたっていきますので、気になる方は一度ご相談ください。

 

 

本郷駅、藤が丘駅から徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医