診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

乳歯 むし歯 穴 名古屋市名東区の歯医者・歯科 本郷 藤が丘  みやちファミリー歯科

乳歯のむし歯を治療しないで放置していると、永久歯の歯並びに影響がでることがあります

乳歯のむし歯

永久歯より柔らかい乳歯は、むし歯になりやすく、進行も早いです。

着色程度で経過をみていたものが、3か月後には穴があいた状態になっていることもありえます。

 

すぐ生え変わってしまう場合は経過をみることもりますが、生え変わるまで期間の長いむし歯は、治療することをおすすめします。

 

乳歯のむし歯の好発部位である歯の隙間のむし歯は、特に注意が必要です。

 

歯並びへの影響

好発部位である歯の隙間にむし歯ができて穴が開いてしまうと、隣の歯との間に隙間ができます。

隙間があると、歯は動いて手前に倒れてきてしまいます。

歯が倒れてくると、後続の永久歯が生えようとしたときに、生える場所がなくなってしまい、変な場所から出てきてしまう可能性があります。

また、神経の治療が必要になるほどの大きなむし歯の場合、暫くそこでかめないことで、かみ合わせが変わってくることもあります。

 

神経を取った歯は根の先に膿がたまることもあります。

膿が大きくなりすぎると、永久歯が出るときに邪魔になり、変なところから永久歯がでてくることもありえます。

 

神経まで到達するような状態になる前に、小さいむし歯のうちに治療をしたほうがいいです。

 

 

対策方法

・歯の隙間のむし歯は歯並びに影響が大きいので、フロスを通して隙間の汚れをケアしましょう。

仕上げ磨きの時にしてあげて、徐々に自分でもやれるようにお話していくのがいいと思います。

・歯の溝のむし歯が進んで穴があくのを防ぐために、シーラントを歯科医院でしましょう。

シーラントとは、むし歯になりやすい歯の溝の部分を、あらかじめ樹脂で埋める予防処置です。

削ったりしないので痛みはありません。

歯ぎしりがひどい場合などは、すり減って取れてしまう場合があります。その場合はやり直しをしていきましょう。

 

シーラントむし歯が進んでからはできなくなってしまいます。生え変わりの時期にすると効果的です。

当院ではレーザーを併用してシーラントを行っております。

レーザーを併用することで、おそうじでは取りきれない汚れをとり、なり始めくらいのむし歯なら熱で蒸散させられます。

さらに歯の質も強くなるので、シーラント時のレーザー併用をおすすめしております。

 

・フッ素を定期的に塗り歯の表面を硬くすることで、むし歯になりにくいようにしましょう。

フッ素入りの歯みがき粉を併用するのも効果的です。

・小さいむし歯は早めに治療しましょう。

 

乳歯のむし歯は生え変わるからと放っておくと、進行して痛みが出たり、歯並びに影響がでる可能性があります。

仕上げ磨きで黒い色が気になったり、暫く歯科医院に行かれてない方は、一度早めに受診されることをおすすめします。

 

当院では小児歯科に力を入れております。

むし歯の治療はもちろん、フッ素塗布も行っております。

仕上げ磨きの方法をお話したり、レーザーを併用したシーラント等、予防処置も積極的に行っております。

これらの処置は、保険診療の範囲で行っております。

 

歯並びの相談も受け付けておりますので、気軽にお問い合わせください。

 

 

本郷駅、藤が丘駅から徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医