診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

ホワイトスポット 削らない アイコン 名古屋市名東区の歯医者・歯科 本郷 藤が丘  みやちファミリー歯科

ホワイトスポットが急にできてしまった場合と、治療法について

ホワイトスポットとは

歯の表面に白い斑点ようの模様ができる状態をいいます。

湿った状態だとわかりづらいこともありますし、急にできたと感じる方も多いです。

エナメル質という歯の表層に限局していて、痛みなどの症状はないことが多いです。

 

ホワイトスポットができる原因

大きく分けて2つの原因があります。

 

1.なり始めの初期むし歯

むし歯になり始めると、エナメル質の硬い部分からカルシウムなどのミネラルが酸によって溶けだし、光沢を失い白くなります。

基本は表面的なものですが、むし歯が進行していくと、黒くなったり、崩壊してえぐれた状態になることもあります。

 

2.エナメル質形成不全によるもの

歯のつくられる時期に栄養が足りていないなどの原因で、うまく歯が完成しないことがあります。

初期むし歯が表面的なものなのに対し、形成不全が原因のものは、中まで進んで白くなっていることが多いです。

 

ホワイトスポットの治療法について

1.初期むし歯が原因で、症状が軽度の場合

削らないでも再石灰化を促す歯みがき粉やガムなどを摂取することで、ホワイトスポットが薄く目立たなくなることもあります。

当院では様々なケア用品をそろえております。症状が軽度な場合は改善傾向がみられることもあります。

 

 

 

症状が軽い場合は、ホワイトニングで目立たなくなる場合もあります。

ホワイトニングをすることで、一時的にホワイトスポットが目立つようになることもあります。

ですがホワイトニングを続けていくと周りの歯の色となじんでいき、目立たなくなる場合もあります。

 

またレーザーを照射することで、歯の表面を硬くすることができるので、進行具合によっては目立たなくすることができる場合もあります。

 

2.進行していても表面にとどまっている場合

アイコンという樹脂を流し込むことで、削らずに白い部分を目立たなくする方法もあります。

基本的には初期むし歯が原因の場合が適応になります。

 

3.進行していたり、形成不全で中まで進んでいる場合

ホワイトスポットの部位を削合し、むし歯をつめる樹脂で埋める方法があります。

 

4.広範囲にわたるホワイトスポットで、進行も深い場合

歯の表面を削ってかぶせ物を張り付けたり、全周削ってかぶせたりすることもあります。

 

ホワイトスポットで見た目が気になる方は、まず歯科医院で精査し、何が原因でどの段階なのか、判別する必要があります。

また削らない治療の場合は、効果がでるのに期間がかかる場合も多いです。

気になる方は一度ご相談ください。

 

 

本郷駅、藤が丘駅から徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

 

 

 

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医