診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

シュガーコントロール むし歯予防 小児歯科 名古屋市名東区の歯医者・歯科 本郷 藤が丘  みやちファミリー歯科

シュガーコントロールをしてむし歯菌の活動を抑えれば、むし歯になりにくいです。

むし歯を予防をするには、日常のブラッシングでで汚れをとることがとても大事ですが、歯の質や、お口の環境も大きく関わっています。

 

特に砂糖を頻繁に摂取するかどうかで、むし歯のなりやすさが変わってきます。

”シュガーコントロール”することで、むし歯になりにくい環境をつくることが大切です。

 

むし歯とは

原因菌のミュータンス菌が、主に砂糖を栄養として酸をつくり、歯を溶かすのがむし歯です。

 

ミュータンス菌が少ないほうが、当然むし歯になりにくいです。

3歳くらいまでは、ミュータンス菌がお口に定着しやすいと言われています。

お父さんお母さんから感染することが多いので、3歳くらいまでは、同じはしやスプーンを使ったりしないよう、気を付けてあげると効果があります。

 

たとえミュータンス菌が定着してしまったとしても、栄養になる砂糖がなければ、菌は活発にはなりにくいです。

 

シュガーコントロールとは

むし歯の原因菌であるミュータンス菌の活動を抑えるために、ミュータンス菌の栄養になりうる砂糖の摂取を適切にコントロールすることです。

 

1、摂取する砂糖の量

2、砂糖がお口の中に滞在している時間の長さや頻度

3、砂糖を摂取するタイミングや時間帯

 

の3つを気を付けてください。

 

1の砂糖の量は、

スポーツドリンクやコーラ、乳酸菌飲料といった飲み物にも多くの砂糖が含まれています。可能なら水に変えるか、砂糖の入ったものを食べるときは飲まないなど、工夫してあげるといいかと思います。

ケーキを食べながらコーラを飲むといったように、砂糖の量を過剰にしないように気を付けましょう。

 

もちろん砂糖の入っていないおやつに切り替えられるなら、そのほうがむし歯にはなりにくいです。

お子さんが小さい年齢のときは、積極的に砂糖の入っていないおやつにしてあげるといいです。お芋などがおすすめです。

甘いものが好きなお子さんの場合は、週に一度等ルールを決めて、砂糖を摂取する量をコントロールしましょう。

 

2の砂糖がお口にある時間の長さや頻度は、

キャンディーやキャラメルのように、長時間お口にあるもので、砂糖が入ったものは、むし歯リスクを高めてしまいます。

ビスケットやチョコレートのように歯に残りやすいものも、うまく磨けないのであれば避けたほうがいいです。

 

砂糖の入ったおやつをだらだら食べるのもNGです。

唾液は食べた直後酸性になり、歯が溶けやすい状態になります。しばらくすると”緩衝能”という作用で、唾液が中性に戻っていきます。

だらだら食べていると、唾液がずっと酸性の状態になるので、歯が溶けやすい状態が続くことになってしまいます。

間食の回数が多くても同様のことがおこりますので、間食する時間を決めてもらって、そのときに歯みがきまでできればさらに良いかと思います。

 

3の砂糖を摂取するタイミングや時間帯は、

外出中で長時間ゆすげない、磨けないタイミングで砂糖の入ったものを飲んでしまうと、結果的に砂糖がお口の中に長く停滞することになってしまいます。

砂糖の入ったものを摂取するときは、あらかじめ磨いたりできるタイミングで摂るのが望ましいです。

 

寝ている間は唾液の量が減ります。唾液の中には汚れを洗い流してくれる作用や、むし歯になりにくくする抗菌作用など、様々な効果があります。

唾液が少ないとむし歯になるリスクが増えるのですが、寝る前に砂糖の入った飲みものを飲んでしまったりすると、むし歯になるリスクが大きくなります。

 

シュガーコントロールがうまくいけば、むし歯になるリスクは激減しますので、心がけていただけるといいかと思います。

もちろんブラッシングがうまくいかないと、歯肉炎にはなりますので注意が必要です。

他にも小児歯科の色々なアドバイスをさせてもらっています。

一度早めに見せていただくことをおすすめします。

 

 

 

本郷駅、藤が丘駅から徒歩13分 名東区 みやちファミリー歯科

院長 宮地 秀彰

記事監修

院長 宮地 秀彰
(みやち ひであき)

  • 朝日大学歯学部卒業
  • 朝日大学歯学部総義歯学 修練医